多摩未来奨学金/サイエンス

更新情報

2019年10月23日 募集期間を2019年11月14日まで延長しました。
2019年9月17日 2019年度出願書類所定用紙を更新しました。
2019年9月13日 2019年度募集要項を掲載しました。

多摩未来奨学金/サイエンス とは

 高度の専門性が求められる職業を担うため、卓越した研究開発能力を有する人材の育成を目的に、理工系大学院に在学する者の修学支援および学会発表等の研究助成をする給付型奨学金です。
 給付を受けた大学院生は多摩地域の企業でインターンシップに臨むことや、企業との共同開発研究などを通じて大学研究室と企業の研究開発交流の活発化に資することも目指します。

奨学金の応募について

◆期 間:【2019年9月16日(月)~ 2019年10月31日(木)11月14日(木)まで】
◆締 切:【2019年10月31日(木)11月14日(木)(書類必着)】
◆人 数: 若干名
◆資 格:【必須要件】
1 )ネットワーク多摩加盟大学に在籍し、 学力、研究能力および人物ともに優れる者
2 )原則として理工系大学院の修士課程(博士前期課程)あるいは博士課程(博士後期課程)に在学する者。専門分野は、科学研究費助成事業審査区分表の「大区分B~K」に該当すること。
(区分表はhttps://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/03_keikaku/data/h30/h30_beppyo2-3.pdfを参照)
3 )多摩地域の企業と共同研究開発に参画あるいはインターンシップ等に参加しているか、その計画がある者
4 )以下の要件の最低いずれか「1件」に該当する者(出願年度内に限る)
①国内外で広く認められた学術団体の主催する会議で第一著者として発表を行うこと(予定を含む)
② J-STAGEあるいは Elsevier Scopus 登録の学術誌(書籍あるいは雑誌)に第一著者あるいは共著で研究発表内容が 公刊されること受理を含む)
( J-STAGE については https://www.jstage.jst.go.jp を参照)
( Scopus ® については https://www.elsevier.com/ja-jp/solutions/scopus を参照)
③第一発明者あるいは共同発明者として専門分野に関連する領域の発明・発見が特許あるいは実用新案・商標登録等知的財産として専門機関より認可されること
④社会的に認知された発明コンテスト、展覧会、コンクール等で入賞されること

◆書 類:業績一覧、企業との共同研究開発あるいはインターンシップに関する文書、成績証明書、所属長あるいは指導教官の推薦状等
◆審 査:書類審査(一次選考)、面接審査(二次選考)
     【面接日:2019年12月上旬】
◆合格発表:応募者に結果通知を郵送【2019年12月中旬】
◆給付金額:【修士課程(博士前期課程)】原則 20 万円
      【博士課程(博士後期課程)】原則 30 万円
◆給 付:【2019年12月下旬】

募集要項・所定用紙 ダウンロード

募集要項 (PDF)
※書類の提出締切を2019年11月14日(木)に延長しています。
多摩未来奨学金/サイエンス 申込書 (PDF)
誓約書 (PDF)
口座振込依頼書 (PDF)


お問合せ

公益社団法人 学術・文化・産業ネットワーク多摩 事務局
[多摩未来奨学金/サイエンス] 担当:専務理事 細野助博
〒191-8506
日野市程久保2-1-1 明星大学20号館6階
メール:hosono@nw-tama.jp

関連ページ

2019年度 多摩未来奨学金
寄附企業一覧
2019年度 募集要項
応募に関するQ&A
報告書
奨学金ご寄附について
多摩未来奨学金/サイエンス