ネットワーク多摩

多摩未来奨学金交付式・交流会開催報告

3月8日(土)午後、明星大学において多摩未来奨学金交付式・交流会が開催された。これには、多摩未来奨学生をはじめ加盟大学ほか寄附協賛企業から90人が来場した。アカデミーホールで行われた交付式では、小川会長の開会挨拶、文部科学省高等教育局の常盤私学部長の祝辞に続き、多摩未来奨学金の佐藤審査委員長から多摩未来奨学生19人に目録が授与された。その後、多摩未来奨学生プロジェクトで学生の指導にあたるコーディネーターの紹介に続き、佐藤審査委員長、細野専務理事から寄附協賛企業への御礼とともに、多摩未来奨学生への祝辞が述べられた。
交流会では、ネットワーク多摩の増田副会長、京西テクノス株式会社の臼井代表取締役社長、八王子商工会議所の田辺会頭の挨拶及び祝辞があり、続いて、多摩未来奨学生による決意表明とコーディネーターによるテーマ紹介があり、抱負が述べられた。
今後、多摩未来奨学生は「健康・福祉」「教育・文化」「環境・産業」の3班に分かれ、コーディネーターの指導の下、地域活動や企業訪問を通し、グループワークを行い、その成果を企業・団体、地域への提言書として発表する「多摩未来奨学生プロジェクト」に参加する。

P12808731.JPG

多摩未来奨学生第1期生

同じカテゴリーの記事

もっと見る