ネットワーク多摩

ネットワーク多摩とは?

ネットワーク多摩は多摩地域産官学コンソーシアムです。このページではネットワーク多摩とその事業について詳しくご説明します。

全国で唯一の「産官学」の地域コンソーシアム

ネットワーク多摩は多摩地域の大学を核としつつ、大学、企業・団体、行政が加盟機関となり、事業を進めていく「産官学」の地域コンソーシアムです。これにより、大学間連携にとどまらない幅広い地域間の連携が可能になります。

POINT

多摩地域の魅力を高めるためには地域連携が不可欠

多摩地域とは東京都で23区と島しょ部を除いた地域です。高尾山や高幡不動をはじめとする様々な観光名所があることで知られ、東京都の2/3を占める面積があり、東京都の人口の1/3にあたる約400万人が暮らしています。

多摩地域の抱える課題

高度経済成長期には都心部の地価の上昇から、多摩ニュータウンの開発などベッドタウンとして多くの人が多摩地域に居住するようになりました。
しかし、人口減少による地価の下落で、再び23区など都心に移住する人や大学の都心回帰の流れが顕著になってきています。ネットワーク多摩では、多摩地域の魅力を生み出す事業を通して、定住人口の増加など地域活性化を目指しています。

多摩地域の課題

人口減少による都心回帰の流れがある
多摩地域の魅力を生み出し、定住人口を増やす


コンソーシアム」とは、ひとつの機関だけではできない事業などを、目的を同じとする他の機関と協同して事業を行う連携組織です。「ネットワーク多摩」は多摩地域の活性化を目的として、加盟する大学・企業・行政が連携することでさまざまな多摩地域の課題に取り組んでいます。

コンソーシアムとは

目的を同じとする機関が協力して事業に取り組む連携組織


ネットワーク多摩の事業

ここでは、ネットワーク多摩の主な事業をご説明します。

多摩未来創造フォーラム

多摩地域の未来について直接話し合うフォーラムです。大学・企業・行政が問題を提起し、持てる力で連携し、多摩地域の活性化につながる議論を展開します。毎回基調講演には、国や都のトップや国内外の識者を招へいしています。 多摩未来創造フォーラム

多摩未来奨学金

多摩地域の企業が出資し、多摩地域の大学に通学、または多摩地域在住の学生に30万円を給付する奨学金制度です。採用された学生は多摩地域を活性化させるイベントに参加します。

多摩未来奨学金

多摩の学生 まちづくり・ものづくりコンペティション

社会学、行政学、ものづくりなどを学ぶ学生たちがフィールドワークの成果を産官学職員の方たちの前で発表します。毎年非常にレベルの高いプレゼンが行われ、商工会議所などとの連携につなげる参加団体もあります。 まちづくりコンペティション

多摩・武蔵野検定

多摩・武蔵野検定は今年で11年目となるご当地検定です。多摩地域への愛着(シビック・プライド)醸成のため、市の教育委員会と連携し、2017年に立川市では小学生5年生1402名が多摩・武蔵野検定を受検。2019年は立川市に加え、八王子市の小学生も受検予定です。 多摩・武蔵野検定

政策スクール

ネットワーク多摩に加盟する市の行政職員と学生が一緒になってまちづくりに取り組むワークショップです。ひとつの市だけでは解決できない課題や、新たな地域振興事業の可能性を、他市の職員との話し合いや学生の柔軟な発想によって探っていきます。 政策スクール

単位互換制度

ネットワーク多摩の加盟機関の学生が別の加盟大学の授業を受講し、単位取得ができる制度です。授業の選択肢が広がります。単位互換

多摩国際化(計画中)

多摩地域の大学は24時間躍動する国際学生村を目指しています。
 

ネットワーク多摩は様々な人材育成事業を通じて、広域多摩の活性化を実現する公益法人です。

その他の事業は事業一覧ページをご覧ください。

 

加盟機関を募集しています

ネットワーク多摩は、より多くの機関に加盟していただくことにより、さらなる地域連携が可能になります。加盟機関募集のご案内ページでは大学・企業・行政、それぞれの視点からネットワーク多摩加入による効果をご説明しています。
加盟機関募集のご案内

ネットワーク多摩を利用してみませんか?

(公社)学術・文化・産業ネットワーク多摩 事務局

住所 〒191-8506
東京都日野市程久保2-1-1
明星大学20号館 6階
TEL 042-591-8540
FAX 042-591-8831
E-mail office@nw-tama.jp
受付時間 10:00~17:00(月~金)(土日・祝日は休業)

関連ページ

役員構成
加盟機関一覧
沿革
アクセス
定款・規定集/事業計画・報告