ご寄附のお願い

 

公益社団法人学術・文化・産業ネットワーク多摩の「多摩未来奨学金」は多摩地域の企業・団体等から拠出の資金を原資とした返済義務のない給付型奨学金制度でございます。本奨学金は加盟機関に通う成績優秀な学生の経済的な支援を行うことだけではなく、奨学生が参加するイベント活動等で、多摩地域の企業・行政・大学等のトップの方や担当者との交流や経験を通じて、多摩地域への知見を深めると共に社会人基礎力を育て、将来、多摩地域へ貢献ができる人材の育成を行うことを目的としております。

本奨学金制度は、文部科学省と当法人との協議で予算化した「企業合同奨学金制度」の一環として2013年度にスタートしました全国的にも大変ユニークな給付型奨学金制度です。2020年度までにこの奨学金の趣旨にご賛同いただき延べ275社総額5,182万円のご寄附を賜り、20大学133名の学生が本奨学金の給付を受けました。

また、2019年度からは理工系大学院生の研究支援等を目的とした「多摩未来奨学金/サイエンス」を新たに設置し、只今3名の大学院生への給付を行いました。世の中のニーズもあり、この新制度は今後順次拡充してゆく予定です。

世界は未だ、新型コロナ感染症の収束が見通せない状況にあります。このコロナ禍で、大多数の学生達はアルバイトの減少等経済的困難に直面しつつ、それに打ち勝つべく刻苦勉励を続けております。企業・団体の皆様におかれましては、未だ明るい兆しが見えない厳しい経営環境下にあると拝察いたしておりますが、どうか本奨学金の趣旨にご賛同いただき、未来を創造する若き人材の育成に対してご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

公益社団法人 学術・文化・産業ネットワーク多摩

会 長   小 原 芳 明

 

寄附金趣意書はこちら

奨学生の声はこちら

ご寄附のお申込みはこちら