あなたのキャンパス広がります!

単位互換

※2018年度開講講座は追加掲載予定がありますので、このページにて情報更新を行います。

■ ネットワーク多摩の単位互換制度とは

ネットワーク多摩に加盟する大学および短期大学(以下、短大)に所属する学生が、他の大学・短大の科目を履修し、そこで取得した単位が自大学の単位として認定される制度です。

■ 出願から履修までの流れ

1.ネットワーク多摩のホームページ http://www.nw-tama.jp/ の「単位互換」のページ(※このページ)にて履修したい科目を選び履修申請書をダウンロードする。

2.履修期間内に所属大学の担当窓口に履修申請書を提出する。
※最近3ヶ月以内に撮影した4cm×3cmの写真1枚を貼付してください。
※履修登録期間が講座の開催大学によって異なります。ネットワーク多摩のホームページか、講座開催大学の担当窓口まで確認下さい。

3.開設大学の手引き(ガイドブック、学生手帳等)を入手する。

4.第1回目の授業から出席する。
※開設大学によっては、所属大学の履修受付期間よりも授業開始が早い場合がありますが、必ず第1回目の授業から出席して下さい。

4.注意事項
・受講料は無料です。科目によっては教材費が必要な場合があります。
・各大学の履修受付期間に関わらず、第1回目の授業から必ず出席して下さい。
・履修申請後、諸事情で履修を辞退する場合は、必ず所属大学の担当窓口に申し出て下さい。
・定期試験期間または授業の中で、開設大学の所属学生と同様に試験やレポートが課されます。
・成績は、開設大学から所属大学に成績が伝達され、所属大学の基準に照らして単位認定がなされます。
・忌引きや欠席に関しては、開催大学の担当窓口にて手続きを確認して下さい。
・留学生が受講しようとする場合、事前に所属大学で受講資格を確認下さい。
・開講する大学の指定方法で、休講や教室変更等の情報を入手して下さい。
・各大学によって自動車やオートバイでの通学に制限があります。学則に従って下さい。
・修得単位が進級・卒業要件に認められるかどうかは、履修前に所属大学の担当窓口で確認して下さい。
・各大学での学則を理解し厳守して下さい。(ガイドブック、学生手帳等)
・開講する大学により、女子のみが履修対象者の場合があります。

■ 履修申請書

・この「単位互換」のページににWord と PDF で書類を用意していますので、ダウンロードして下さい。
・履修申請書は各自で作成し、「所属大学の担当窓口」に提出して承認をもらい、開講大学の担当窓口に提出して下さい。
・履修申請書は各自でコピーをして保管をして下さい。

—————————————————————————-
単位互換に関わる個人情報の取扱いについて
ネットワーク多摩、および講座の開設大学(短大を含む)と、受講学生の所属大学(短大を含む)おいて、提出された個人情報は、開催講座に関わる履修、単位認定、証明書発行等のためのみに利用し、これ以外の目的で個人情報は利用いたしません。
—————————————————————————-

■2018年度単位互換パンフレットはコチラ(PDFファイル)


■ 2018年度単位互換募集ガイド・履修申請書

Word 版:単位互換履修申請書.docx

PDF 版:単位互換履修申請書.pdf


ネットワーク多摩単位互換大学

大学名クリックでページ内を移動します。各大学のマップはこちらをご覧ください。

多摩大学

大学ホームページ http://www.tama.ac.jp/index.html
住所 東京都多摩市聖ヶ丘4-1-1
アクセス・
キャンパスマップ
http://www.tama.ac.jp/info/guide_tama.html
履修詳細 PDF
履修登録期間 春学期:  4月 6日(金)~ 4月19日(木)
秋学期:  9月20日(木)~10月 3日(水)
授業期間 春学期:  4月12日(木)~ 7月26日(木)
秋学期:  9月20日(木)~ 1月10日(木)
補講期間 春学期: なし
秋学期: なし
定期試験 春学期: なし
秋学期:  なし
※定期試験、授業内試験はありませんが、講義専用ノート、中間および最終レポートの提出が必要です。
お問合せ先 教務課(042-337-7113)
事務取扱時間 (平日)8:50 ~17:00  (土曜)8:50 ~ 12:30

 

科目名 期別 授業時間 内容 備考
特別講座Ⅰ 春学期 木曜4限 寺島実郎学長が提唱してきた「世界潮流と日本の進路」を軸に、国際情勢、経済、国内行政、IT、歴史など各分野における精鋭の専門家を講師として招き、通年の体系的なプログラムを開催する。
現代世界は、単なる同時不況、経済危機を超え、本質的な意味での構造転換に直面している。「外は広く、内は深い」、このことを知るだけで人間の重心は下がる。鈴木大拙の言葉のごとく、より広い視野で世界を見渡し、より深く自らの立脚点を見つめる視座が求められている。
この連続講義では、我々が生きている時代を的確に把握し認識するために、世界から見た日本、また日本国内の諸問題について複数回にわたり多面的に取り上げることで、問題意識の提起と深化を目指す。時代に発信する識者の生の声を聞いて現代世界を生きるヒントを得てもらいたい。
〔留意点〕
①第1回目のガイダンスに出席しない場合は履修できません。なお、座席数が限られているため、履修希望者が多い場合は選抜することがあります。
②地域住民をはじめとする一般参加者430名と一緒に外部講師の講演を聴講しますので、受講ルールを厳守していただきます。
③座席は、事前に指定された席に着席してください。
④講義内容及び講義内容に関する自分の意見は、特別講座専用ノートに整理して記入してください。評価基準に含まれます。
特別講座Ⅱ 秋学期 木曜4限

大学一覧へ戻る

 

玉川大学

大学 http://www.tamagawa.jp/
アクセス・キャンパスマップ http://www.tamagawa.jp/campus/map/access/
履修詳細 PDF
履修登録期間 前期: 3月15日(木)~3月30日(月)
後期: 9月 5日(水)~9月10日(月)
授業期間
(授業曜日)
月~金
前期: 4月 9日(月)~7月23日(月)
後期: 9月21日(金)~1月24日(木)授業回数を確保するため、休祝日・土曜日に授業を行う曜日があります。詳しくは本学の『年間授業計画(別紙)』で各自授業日を確認の上、受講してください。(注)履修申請書の提出前であっても、必ず第1回目の授業から受講してください。出席回数が全授業回数の3/4に満たない場合は、定期試験の受験資格を失い、単位は認定されませんので注意してください。
補講期間 各学期開始後の第5週以降の土曜日や平日に補講を実施することがあります。科目担当教員の指示に従ってください。
定期試験 前期: 7月24日(火)~7月31日(火)
後期: 1月25日(金)~2月 1日(金)
科目により試験実施日が異なるため、詳細はシラバスや講義中に確認してください。(注1)各セメスター(学期)ごとに定められた定期試験期間中に実施されます。
試験の時間割は春学期が7月中旬頃、秋学期が1月中旬頃に掲示される予定です。(注2)科目により、授業期間中に定期試験を実施することがあります。
また、通常の「授業」とは異なる曜日・時間帯で「試験」を行う場合があります。(注3)受験資格と授業欠席について
全授業で出席を厳密にとります。欠席について次のような取扱いをしています。●出席回数が3/4に満たない場合は、定期試験の受験資格を失い、単位は認定されません。
●遅刻3回を欠席1回として扱います。なお、遅刻した場合、科目担当教員の責任において入室を断ることもあります。
担当窓口 教学部授業運営課(「大学教育棟 2014」4階)
Tel. 042-739-8844
e-mail: k-jyugyo@adm.tamagawa.ac.jp
事務取扱時間 (平日)8:30~17:00
授業内容 https://unitama.tamagawa.ac.jp/ にアクセスし、【講義要覧・シラバス照会】にて、授業内容の概要をご参照いただけます(シラバス照会は、ログイン不要)。

※2018年度のシラバスは、3月2日(金)より公開予定です。

科目名 単位数 期別 授業時間 内容 備考
エネルギー科学 2 火曜1・2時限目 講義 2〜4年生対象
マスメディアと社会 2 金曜1・2時限目 講義 1〜4年生対象
ことばと文化 2 金曜3・4時限目 講義 1〜4年生対象
市民社会と法 2 水曜5・6時限目 講義 1〜4年生対象
会計学 2 金曜7・8時限目 講義 1〜4年生対象

大学一覧へ戻る

帝京大学

大学  https://www.teikyo-u.ac.jp/hachioji/top.html
アクセス  http://www.teikyo-u.ac.jp/access/hachioji.html
キャンパスマップ  http://www.teikyo-u.ac.jp/university/campus/hachioji.html
履修詳細 PDF
履修登録期間 前期(春期): 4月13日(金) ~ 4月17日(火)
後期(秋期): 9月17日(月) ~ 9月20日(木)
授業期間
(授業曜日)
前期(春期): 4月 6日(金) ~ 7月27日(金)
後期(秋期): 9月10日(月) ~ 1月11日(金)
【学年暦について】
初回授業時に教務グループ窓口にて配付いたします。
祝日に平常授業がある場合等ございますので、各自授業日を確認の上、受講してください。
補講日 前期(春期): 5月 1日(火) ・ 5月 2日(水) ・ 7月30日(月)
後期(秋期): 1月15日(火)
大学行事等のない「月~金曜日の6時限」、「土曜日1・2時限」
実施については各科目の担当教員の指示に従ってください。
定期試験 前期(春期): 7月31日(火) ~ 8月 7日(火)
後期(秋期): 1月16日(水) ~ 1月23日(水)
●各科目により試験実施日が異なるため、詳細はシラバスや講義中に確認してください。
担当窓口 教務グループ(ソラティオスクエア2階) Tel. 042 – 678 – 3301
事務取扱時間 (平日)8:45 ~ 17:00  (土曜)8:45 ~ 12:30
授業科目名 学期 曜日 時限 配当年次
日本の文化Ⅰ Japanese CultureⅠ 春期 4 1~4年
日本の文化Ⅱ Japanese CultureⅡ 秋期 4 1~4年
日本の社会Ⅰ Japanese SocietyⅠ 春期 3 1~4年
日本の社会Ⅱ Japanese SocietyⅡ 秋期 3 1~4年
日本の経済・経営Ⅰ Japanese Economy and Business AdministrationⅠ 春期 2 1~4年
日本の経済・経営Ⅱ Japanese Economy and Business AdministrationⅡ 秋期 2 1~4年
日本の法律・政治Ⅰ Japanese Law and PoliticsⅠ 春期 3 1~4年
日本の法律・政治Ⅱ Japanese Law and PoliticsⅡ 秋期 3 1~4年
日本の歴史Ⅰ Japanese HistoryⅠ 春期 2 1~4年
日本の歴史Ⅱ Japanese HistoryⅡ 秋期 2 1~4年
異文化を理解するⅠ Understanding Cultural DifferencesⅠ 秋期 1 1~4年
異文化を理解するⅡ Understanding Cultural DifferencesⅡ 秋期 3 1~4年
日本探究演習Ⅰ Japan Research SeminarⅠ 春期 3 2~4年
日本探究演習Ⅱ Japan Research SeminarⅡ 秋期 3 2~4年

明星大学

大学ホームページ  アクセス キャンパスマップ
 履修方法詳細 PDF
履修登録期間 3月29日(木)~4月6日(金)
授業期間 前期: 4月9日(月)~7月28日(土)
後期: 9月10日(月)~1月26日(土)
補講期間 前期: 7月30日(月)~8月4日(土)
後期: 1月28日(月)~2月2日(土)
定期試験 授業期間中に試験を実施します。各科目により試験実施日が異なるため、詳細はシラバスや講義中に確認してください。
担当窓口 教務企画課(042-591-5212 )
事務取扱時間 (平日)9:00 ~17:00  (土曜)9:00 ~15:00
シラバス詳細 以下の手順で、公式ウェブサイトから『シラバス』を参照ください。

1. 大学公式ウェブサイト『修学支援システム』にアクセス(ゲストユーザーでログイン)
2.『シラバス照会』から『2006年度以降』を選択
3.『シラバス検索』画面から、当該科目を検索
4.検索結果から『当該科目』を選択し、シラバスを参照

※2018年度『シラバス』は、2018年3月20日頃に公開予定。

 

科目名 期別 授業時間 備考
天文学Ⅰ 前期 月曜5時限目
天文学Ⅱ 後期 月曜5時限目
基礎環境学Ⅰ 前期 月曜3時限目
基礎環境学Ⅱ 後期 金曜1時限目
廃棄物学 前期 月曜2時限目
専門応用研究Ⅰ 前期 火曜2時限目
比較文化論2 後期 金曜3時限目
社会イノベーション論 後期 水曜5時限目
マイノリティ論 前期 金曜5時限目
経済史入門1 前期 月曜2時限目
経済史入門2 後期 月曜2時限目
都市経済学1 前期 金曜4時限目
都市経済学2 後期 金曜4時限目
コンピュータシステム入門 前期 火曜5時限目
ソフトウェア工学 前期 木曜2時限目
教育社会学 後期 月曜5時限目
教育法規1 前期 火曜2時限目または水曜1時限目 ※同一曜日・時限で登録のこと。
教育法規2 後期 火曜2時限目または水曜1時限目 ※同一曜日・時限で登録のこと。
マーケティング論基礎 後期 金曜4時限目
デザイン概論 前期 火曜4時限目

大学一覧へ戻る

このページのトップへ